Img20060113001530
妻は一緒に病院にいることになった。
まだおっぱいが必要な赤ちゃんだから当然だ。

僕はとりあえず、二人の着替えやおむつや、
諸々の必要な荷物をまとめて持っていき、
深夜まで病院にいて、家に帰った。

歩いて5分もかからないところに病院があってよかった。
でも帰り道は寒すぎて顔の皮膚がぴりぴりした。

朝起きて妻のための食料を調達してから
仕事に行こうと、玄関をあけたら
真っ白雪景色で、「え"ー!」って
声にだしてしまった。なんじゃこりゃあ。

はるさん入院、そして降り積もる雪。
なんだかえらいことになってきたなあ。

病院に行くとはるちゃんは、身体が熱く
なっていて、とっても敏感になっていたので、
物音にすごく反応してむずがっていた。

うーん、やっぱり可哀想。
頑張れ、はるさん!