Img20060201230158
濱田家のお隣さんの庭には、
森のように木がたくさんあります。

古めかしい土壁が渋い小さな家に
どうやらおじいさんがひとりだけで
暮らしているようです。

その佇まいは、まるで仙人のよう。
ここでは言えませんが、名前も
ほんとに仙人みたいなのです。

仙人の生活はまったくの謎に包まれており、
しばしば僕たちあいだで、妄想がくり広げ
られます。

仙人は実は陶芸家で、家にこもりながら
作品をつくっている、とかなんとか。

森には、大きな栗の木があって、夜な夜な
うちの家の屋根がぼこぼこ音がするなあ、と
思っていたら、栗がいっぱい落ちてたりするくらい。

で、今は柿の実がたっくさんなっています。
うちの庭には落ちてくることはないのですが、
あんまりにもたっくさん実がなっているので
見るたびにすごいなあ、と思うのです。

おそるべし仙人。

あとは桃がなればかんぺきだね。