Img20060614180259
そういえば一年前の今日、ぼくたちは結婚パーティーをしました。そのことについていままで全然語ったことがなかったのでこの場を借りて書いてみます。
Img2a20060614115152
会場は奈良のくるみの木という北欧風の外観が素敵なカフェでした。なんでわざわざ奈良なのかというとくるみの木が好きだったから、という簡単な理由でした。パーティーの前に庭にある木の下でささやかな人前式もしました。妻はウェディングドレス、僕は紋付きはかまというちょっとへんな組み合わせの衣装でカフェスタイルの結婚式と、いま思えば無茶苦茶な感じです。

パーティーはのぶやまくん、ケージくん、まゆみちゃんの演出により、これまたかなりへんてこな内容になりました。まず人前式は紋付きはかまを着た僕が自転車に乗って遅刻して現れるというハプニング形式。途中から登場ということもあって数分離れた神社にその格好で一人で隠れていなければならず、かなり人目を気にしました。というか途中女子高生の大群に遭遇し相当恥ずかしかったし、出席する友達とすれ違ったりしてなんだか可笑しかったです。
Img3a20060614115241
人前式の誓約書はケージくんが僕が好きな万博記念公園の芝生入り和紙を手作りして用意してくれました!凝ってます!パーティーはバンド友達が多いということもあってほとんどバンド演奏の余興が続いたんですが、これが結構豪華。early bird (Click!) 、cleandistortion (Click!) 、spaghetti vabune! (Click!) 、trans alphabet、margarets hope* (Click!) 、sketchbook (Click!) と全部で6バンド!はっきりいってえげつないです!この組み合わせのライブはたぶんあとにもさきにもないかもしれないのでいまでもすごかったなあと思います。

という風にだいたいの流れは僕も把握していたのですが、途中とんでもないハプニングがあってちょっと困惑しました。パーティーを演出してくれたノブヤマくんが女装をして「ちょっとまちなさい!」とか言って突然あらわれたのです。彼は昔から女装癖があったのでそれ自体には驚かないのですが、よりによって一生に一回の結婚式で僕や妻の前だけでなくたくさんのお客さんの前でそれを披露したのだから驚きました。
Img4a20060614115325
しかもその女装した自称テレシコワ(由来はYAWARA!か?)と僕が昔恋仲だったという設定の小芝居をうち、「私を捨てた」だの「まあいいわ、許してあげるわ」だの10分くらい一人でしゃべり続けたあげくに最後はフォークギターを抱え歌いながら外へでていくというとんでもない演出。はっきりいって化粧したのぶやまくんは気持ち悪かったし会場は異様な雰囲気に包まれていましたが、その日一番の出し物だったことには違いはなく結果的にはみんなも相当驚きながらも楽しんだようでした。くるみの木の店員の方も目を丸くして驚いていました。
Img5a20060614115325
テレシコワことのぶやまくんはその後自分のバンドのsketchbookでしれっと演奏してたのでずぶとい神経をしたやつだと思いました。しかも僕たちの結婚のための書き下ろしソングだというから必要以上の気合いの入れようだ。いや、すごいねまったく。

最後は空缶をたくさんぶらさげた自転車に乗って去っていくというアメリカン式(?)でハッピーエンドを迎えパーティーも終了しました。あの日きてもらったみなさん、いろんな無茶をお願いしたくるみ木さん、そしてパーティーを演出してくれたのぶやまくん、ケージくん、まゆみちゃんには感謝しても感謝しきれないです。

はやくもあれから一年がたちはるさんも生まれなかなか落ち着きませんがおかげさまで僕たちは幸せに暮らしています。みなさんありがとうございました!