Img20060918131145
はるさんがこれからどんな男の子になるのか想像もつきません。

でも弟や妹ができると、きっと兄のふるまいができるように育てると思うし、はるさんもそんな風に育つと思います。そう思うと不思議なもので今は僕たちに甘えてばかりのはるさんもきっと自立の道を進んでいくはずです。もちろん一人っ子だったとしてもそうなるでしょう。

どちらにしても自分がそうであったように大人になる過程で自立し、親から離れていくものです。はるさんがまだこんなに小さいのにそんなことを考えるのも早いのかもしれませんが、想像するとすでになんだか寂しいですね。そう思うと当然のことなのに今こうやって一緒にいられる時間が余計に大切に思えてきます。

僕がうまくいって生きられるであろうあと約40年間ぐらいは、そんなふうにはるさんの成長や自立を見守る時間になるのだろうなと思うのでした。