Img20061115105633
誰かと繋がっていたいと願うなら、
そのための努力は惜しまないように。

誰かと一緒にいたいと願うのなら、
求められる事を素直に受け止めよう。

こころはそのためにある。

一緒にいるのが煩わしくても、いつも何かに不安になっても、
一人でいることの方がずっと、煩わしくて、不安なんだから。

苛立ちや哀しみや戸惑いをぜんぶ誰かのせいにするのなら、
きっと誰かも君のせいにするだろう。

こころは見ることはできない。でも繋がることはできるんだ。
一人立ち止まることよりも、ともに歩くことのあたたかさを。

こころはそのためにある。