Img20070201171954
はるさん、だだをこねることを覚えてしまった。

自分はすでにごはん食べ終わっているのに、遅くに帰ってきた僕のごはんも食べようとするんですね。普段はぎゃーぎゃー叫んでるのにこういう時だけ、机の前にきてこれでもかってくらいかわいい声で「はいっ」とか言って、手を合わせる真似までしたり。いやいや、君はもうたくさん食べたでしょ。

ごはんを食べる前に手を合わせるのを覚えたのはお利口さんなんだけど、僕のごはんを食べるときまで手を合わせなくてもいいんです!どんだけ食い意地張ってるんや!

それで「だめ!」って言ったりしても、最初はあきらめずに箸を奪ったりして抵抗してるみたいなんですが、しばらくしてだめだとわかると床に寝っ転がってだだをこね始めるんです。しかも手のひらで顔を覆ったりしてちょっとした小芝居までうつ始末。ちょっと負けそうになるけど、その手には乗るまい!

誰が教えたわけでもないのに、どこでこーゆー技を身につけてくるのか。謎です。人間の本能なのだとしたら人間ってすごい。前から思ってたけどね。