Img20071215110010
12日、午前中に陣痛が始まり、昼過ぎに入院。僕が仕事を終え、病院に着いたのが22時頃。
Img1b20071215110010
5分おきの陣痛。この頃は、まだ冗談を言える余裕があった。
Img1c20071215110010
うってぃ、トイレの前で苦悶の表情。
赤ちゃんが下に降りてくるためにも歩いたり、スクワットしたり。
Img2a20071215110606
13日、午前1時50分。もう何十回目かの陣痛。最中は腰が痛くなるようだ。
Img2b20071215110606
僕は腰をさすったり、声をかけたりすることしかできなかった。
Img2c20071215110606
午前4時20分。少し灯りを落として。
僕は眠気で何度か意識が飛んだけれど、うってぃはその間ずっと起きて痛みに耐えていた。
Img3a20071215111456
午前5時18分。陣痛がきつくなったので、ついに分娩室へ。
Img3b20071215111456
分娩室に入って4時間以上。うってぃは「もう、やめたい」と何度も涙を流した。
Img3c20071215111456
午前10時39分。ついに赤ちゃんの頭が見えてきた。あともう一息。頑張れ!
Img4a20071215112135
午前11時14分。はるさんの弟が初めて僕らと同じ空気を吸った瞬間。
Img4b20071215112135
うってぃ、よう頑張ったね。よう頑張った。
Img4c20071215112135
体重は3710グラム。こんなに大きくなるまでお腹のなかにいたんだね。
Img5a20071215112821
だんだんと血色がよくなっていく。新しい命が産まれるというのは神秘だ。
Img5b20071215112821
うってぃ、しばらくは大変だけど一緒に頑張ろう。はるさんも。
Img5c20071215112821
君の名前はもう決めたよ。また教えてあげる。
みなさん、いろいろとご心配をおかけしてすいませんでした。
そして、たくさんの応援メッセージ、心強かったです。ありがとうございました!