Img20080626110111
何度読んでもズドーンと胸を突き抜かれ、考えさせられる。