Img20080710122411
子供がもらしているかどうかを確かめるためにオムツに顔を近づけてにおいをかぐ。
ちょっぴりデンジャラスですが親であれば一度は試すであろう行為だと思われます。
確かめるためにかぐわけですから、もらしていた場合は当たり前ですが、くさいんです。
わかっていたこととはいえ、それでも思わず「くさいな」とつぶやいてしまいます。

濱田家では、みなチンのおむつ交換前確認作業は、今や日常の光景になっています。
そして、はるさんはといえば、僕らのそばで幾度となくその姿を目撃していたことでしょう。

そんなある日、はるさんがおもむろにうってぃのケツにくんくんと鼻を近づけ、こう言ったそうです。

「くっさいなあー」

はるさん!かあちゃんも、もらしたんかー!?
そうか、うってぃってくさいもんな。なんかにおうと思ってたよ!
と、ついボケ(?)に乗っかってしまいそうなほどのビックリ発言。

そうやって子供は大人の想像をとんでもなく超えたところで真似をし、応用する。
ここ最近は、どんどん言葉をあやつるようになったはるさんに完敗(乾杯?)な毎日です。