Img20090706111801
本日は、guchobuファンのイトーさんに悲しいお知らせがあります。
Img1b20090706111801
僕自身、去年の夏から壮大なウソだと信じて疑わなかった、
Img1c20090706111801
guchobu (Click!) の結婚式が盛大にとりおこなわれたのです!逆に。
Img2a20090706111801
出席者が一様に感じたであろうこと、それは、
Img2b20090706111801
新郎が常にぎこちない二足歩行ロボットの動きのように挙動不審であり、
Img2c20090706111801
本来撮られる側である本人が逆に。テカテカのスーツでありながらもなぜごついカメラをぶら下げているのか、ということ。
Img3a20090706112834
しかして、逆に。この人の緊張っぷりといったら。
Img3b20090706112834
そして、逆に。はるみなと言えば、
Img3c20090706112834
誰も手がつけられない状態だったり。
Img4a20090706120441
「デザートに入れましょう」そんなシェフの提案を逆に。却下し、料理の隠し味にもなり引き出物にもなったのは新郎の大好物「クッピーラムネ」。
Img4b20090706112834
みなチンもおなかいっぱい。
Img4c20090706120441
はるさん撮影のguchobu's弟妹。達也くんはストイックなPOP魔術師 (Click!) であり、奈津子ちゃんはバンド (Click!) でコンテスト荒らしを、そして、guchobu自身は「はまちゃんのあかちゃん」 (Click!) で舞妓デビューしたりする、そんな音楽一家だったり。
Img5a20090706120441
G1制覇の調教師であらされるお父様と記念撮影。賭け師のうってぃ、今回ばっかりはさながら優勝したジョッキーの気分か。
Img5b20090706124304
余興で演奏した僕を見てはるさんが一言。「パパ、すごいなあ!」
Img5c20090706120441
席次表は、新郎新婦インタビューや両家の母親対談、小説から音楽のCDRまで収録した自作の小冊子でした。準備が大変だったろうこと想像に難くないです。おかげで新郎新婦入場までの時間、出席者がその冊子を真剣に読みふけったため、披露宴スタートに向けてテンションが高まるどころか、逆に。披露宴会場は水を打ったように静かでした。

また、挙式の新郎入場時のBGMはなんとSongbirdの"Tears in your eyes"でした。知りうる限り結婚式関連のBGMに使われたのがこれで3回目(歌詞の内容がまったくお祝いではないのにも関わらず!)。しかも記念すべきこの日の一曲目の歌としてです。おかげでイントロのフレーズが流れた出した瞬間、僕は、厳粛なムードのなか思わず「うほっ!」と驚きの声をあげてしまいました。しかし、そんな僕の奇声も一瞬にしてかき消されることになります。そう、今後伝説として語り継がれるであろうあの新郎の二足歩行ロボット式のステップが出席者のとまどいを含んだ笑い声、いや、感嘆の声を巻き起こし、式場を埋め尽くしたのです。今回、緊張した人というものは、逆に。ロボット以上にロボット的な動きを見せることがわかりました。

そして、先述の通り、僕は、guchobuとは淡路旅仲間でもあるほーりー (Click!) と弟さんの達也くん、妹さんの奈津子ちゃんの4人で即席バンドを結成し、オリジナルソング「タカシノ」でお祝いをしました。僕らの演奏は、披露宴唯一の余興かつトリであったにも関わらず、全員そろっての練習は前々日の1回だけでした。スリル満点通り越して、逆に。わりと普通のテンションで演奏してしまいました。

さて、guchobuといえば、真顔でほんとのような冗談をぬけぬけと言う人物なので、今回の結婚式も親族を巻き込んだ壮大なウソかも知れないというリスクを承知のうえ、念のため祝儀を片手に滋賀くんだりまでいどんだわけです。しかし、挙式で奥さんの綺麗なウェディングドレス姿を見て、ホントのことだったんだ!と、逆に。そこでやっと確信、安心にいたったのでした。

人生何がおこるかわかりません。今回ばっかりは「逆に。」ではありませんでした、逆に。この場を借りて、改めて、タカシノに幸あれ。おめでとう!