Img_8b688190a3111920a627a51fc0558f81ec1c342b
カメラから外れたところにあるこの子たちの視線の先には一体何があったのだろう。撮影してからずいぶんと経った今ではもう何も思い出せない。彼らさえそんなことなんか覚えていないだろう。でもきっとそこには楽しい何かがあったに違いない。そして、いつかこの一枚の写真を見返したときも、その先にあったものにまた思いを馳せるだろう。もしかしたら、今は頭の奧にしまい込んだ何かがよみがえるかも知れない。僕はそんなふうに写真にうつっていない記憶をとても愛おしく思う。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする