Img20070801103209
あっついなか家族でおでかけ (Click!) 
Img2a20070801103209
はるさん、自分にうっとり?
Img3a20070801103209
陸上の末續選手の実物大脚型を発見。
Img4a20070801103209
脚よりも、なぜか指が気になるらしい。
Img5a20070801103209
はるさんの電車待ちスタイルは決まってコレ。
Img20070802135330
大事なメモに落書きされた。
Img2a20070802135330
さらに丸めて捨てられた。

最近は、はるさんを「わる」(悪)さんと呼ぶようにしている。
Img20070803104147
はるさん、うってぃの拳を...
Img2a20070803104147
コリッコリッとするのが好きらしい。
Img20070805100604
はるさん、大好きな電車に...
Img2a20070805100604
歓喜のガッツポォーーズ!
Img20070806102456
最近つくったこれ (Click!) を見て、はるさんが興奮するので連れて行きました。
Img2a20070806103137
はるさん、壊れて動かなくなった人形のよう。
Img2b20070808220757
はるさん、カメラ越しに見るんだよ。
Img2c20070808220757
はるさん、ここにくるのは何気に3回目くらい。
Img3a20070808230742
あっ!
Img3b20070806104548
うってぃ、恍惚の表情。ではなくはるさんの悲鳴に共鳴中。
Img3c20070806104548
乗り物には必ず手を振るんだよな。
Img4a20070806102741
すっかり夕暮れてふたりで青春。
Img4b20070806102741
帰り道はまるで映画のエンディングのよう。
Img5a20070806102741
はるさん、帰りの電車は疲れてぐったり...
Img5b20070806104950
でもない。
Img20070807145738
はるさん、なんちゅう寝相。
Img20070808154914
ひとしきり電車に手をふったあとに...
Img2a20070808154914
なぞのサインを送る。
Img20070808162831
あつい。ので南側の書斎から北の窓際に逃避。したところでやるべきことはそんなにはかどらない。
Img20070809001014
黄色い線の内側でしゃがんでお待ちください。ってアナウンスされてるのかっていうくらい。
Img20070810104121
はるさんの手に何かが起こった模様。うってい、あせる。
Img2a20070810105127
はるさんは現実を受け入れられない表情。さらに、あせる。
Img3a20070810102950
うぉ!一体何が。さっきからあせってピントも構図もなにもない。
Img4a20070810104121
でも、そのあとは何事もなかったかのように。
Img20070812230105
バスに乗る前に屈伸運動するはるさん。(今日から実家の淡路島に帰省します。)
Img2a20070812230105
マックの袋をかぶって嗚咽するはるさん。(ごめんなさい、やったのは僕です。)
Img3a20070812230105
淡路島は涼しくて過ごしやすいです。(家の前から見た夕暮れが懐かしかった。)
Img20070814183133
淡路島帰省二日目。稲を見て歓喜するはるさん。
Img1b20070814192548
あぜ道を歩く。このあと顔面から田んぼに突っ込んだ。
Img1c20070814183352
着替えて墓参りに。はるさんの走り方!
Img2a20070814174433
笑いながら墓場の石をポケットに詰め込むはるさん。不謹慎。
Img2b20070814174433
人妻と田園風景。現在6ヶ月。
Img2c20070814234058
水、入ってないですけど...
Img3a20070814234058
しかも、手拭いてるし。
Img3b20070814234419
あ、空に飛行機!
Img3c20070814234419
見上げたら顔と首が一体化。
Img4a20070814234419
見送って拍手。ショーか。
Img4b20070814234419
そんなはるさんの夏。
Img4c20070814234743
またもあぜ道に挑戦するはるさん。
Img5a20070814234743
やっぱり失敗。すべってしりもち。
Img5b20070814175713
こどもはわけもなく走り出す。
Img5c20070814175713
どうしても草のあるところを通りたいらしい。
Img20070815222258
淡路島帰省三日目。は去年と同じ海へ。
Img1b20070815222258
とりあえず歓喜するはるさん。
Img1c20070815222258
その笑い方はどうなんだ。
Img2a20070815222622
かっこつけたり。
Img2b20070815222622
とぼけてみたり。
Img2c20070815222622
いじけてみたり。
Img3a20070815223150
砂をかき入れるはるさん。かき出すうってぃ。
Img3b20070815223150
調子に乗りすぎておかしくなったはるさん。
Img3c20070815223150
またかっ!
Img4a20070815223411
何かを拾って、
Img4b20070815223411
パクって、おい!
Img4c20070815223411
しかもローライズ。
Img5a20070815223921
帰りに母方の祖父母のお墓参り。はるさん、いらんことせんといて。
Img5b20070815225046
家に帰って水浴び。というよりやけになって水攻撃。
Img5c20070815223921
そしたら素っ裸で逃げまわられた。
Img20070816235455
淡路島帰省四日目。祖母と親戚の家へ。近くにぜんりんさん (Click!) に教えてもらった風車群が!
Img2a20070816235455
風車が見える港は閑散と。はるさんも大人しめ...
Img2b20070816235455
んなわけもなく、
Img2c20070816235455
いつも通り120%の出力で歓喜。
Img3a20070817000939
港の風のきついこと。うってぃのスカートがめくれ上がるのを待ったけどマジックは起こらなかった。
Img4a20070817000234
そういえば左奥に見えるのが鳴門大橋。はるさん、泳げ!
Img5a20070817000939
何もない港でもはるさんにとっては遊園地。
Img5b20070817000234
昨夜の流星群につづき、今夜は花火。きれいなものをたくさん見てはるさんもぐっすり寝たよ。
Img20070818092952
淡路島最終日。はるさん、朝日に照らされて。
Img2a20070818092952
帰りの道はスイスイで大阪着。はるさん、ダッシュ。
Img3a20070818092952
強い意志を感じる指さし。理由はまったくもって謎。
Img4a20070818092952
さて、明日からまた日常がはじまるぞ。はな、ほじっちゃだめよ。
Img20070818115504
YouTube (Click!) を見て「わぁお~」って言うはるさんの図。
Img20070819005936
北京オリンピックは、
Img2a20070819005352
オレがもらった。
Img20070819232922
東京出張のかえり、新幹線から岐阜あたりの夕暮れ。岐阜いいなあ。っていうか、日本いいなあ。
Img20070821095022
顔をバシバシ叩いて、
Img2a20070821095022
勝手に帽子を奪う。
Img3a20070821095022
はるさん、面倒見のよいお兄さんになれるのか。
Img20070821185612
午前4時30分。
Img2a20070821185612
先日の淡路帰省の当日の朝。
Img3a20070821190050
チャリンコで地元を徘徊する親子。
Img4a20070821185612
ひんやりとした夜が明けた。
Img5a20070821185612
そんなふうにして男組はほとんど寝ずに旅に出た。
Img20070822143343
うぃ~、ひぃっく...
Img2a20070822143343
酔っぱらっちゃったな~。
Img3a20070822143343
手、ふりすぎ。
Img4a20070822143343
ついに、うってぃもかっ!
Img20070827094936
はるさんがうまれる前の夏。(昔の写真を見てたらでてきたのでアップ)
Img20070827165131
それ、どういう状態?
Img20070827165722
僕を見て、
Img2a20070827165722
憂鬱な顔をするのはなぜ。
Img20070828110948
あれれ、ここはどこ?
ってことで、お盆に帰ったばかりなのにまた淡路島に。先月の台風 (Click!) のリベンジでほーりーとguchobuと一緒に来たのでした。はるさんは飛行機に夢中。
Img2a20070828110948
はるさん、DS片手にまた飛行機を発見。
Img2b20070828110948
う~ん、脳トレは難しい...
Img2c20070828110948
って、電話じゃないよ!
Img3a20070828111459
一気飲むそのした下くちびる!
Img3b20070828111459
突然神妙な顔で拝みだした。
Img3c20070828111459
さらにお祈りまではじめた。雨乞い?
Img4a20070828111947
はるさん、雨乞いのダンス。やっぱり。
Img4b20070828111947
はるさん、何かにわざとらしく驚いた。
Img4c20070828111947
はるさん、がっぷりよつ。なんだここは。
Img5a20070828112341
うってぃ、完全に風景にとけ込んだ。
Img5b20070828112341
まだ、雨乞い。
Img5c20070828112341
夏も終わっちゃうなあ。
Img20070828144702
鮎屋の滝にマイナスイオン(ただの水しぶき)を浴びに。
Img1b20070828144702
はるさん、すぐにチャレンジしたがる。
Img1c20070828144702
一段降りるごとに「よいしょ」って言う。
Img2a20070828144957
森に向かって雄叫ぶはるさん。それを静観するguchobu。
Img2b20070828144957
guchobuにバッタをつかまされたはるさん。
Img2c20070828144957
佇むほーりー。
Img3a20070828145339
でっかいトンボが不時着!うってぃ固まる。
Img3b20070828145339
このあとびっしょびっしょに。おい!
Img3c20070828145339
空と海がとけ合う場所、毎度恒例の花さじき (Click!) に。
Img4a20070828145605
大地と交信する女。
Img4b20070828162524
人生について考える女。
Img4c20070828162524
ころがり落ちる女。
Img5a20070828150036
道のど真ん中でくつろぐはるさん。
Img5b20070828150036
花畑でなぜか物憂げなguchobu。
Img5c20070828150036
ぼーっとしてたら閉園時間が過ぎて追い出されてしまった。そんな風にして僕らの夏も名残惜しく終わったのでした。今日のことをはるさんは大人になっても覚えているだろうか?
Img20070830152740
はまだはる、ムーディーに歌います。
Img2a20070830152740
いぇーい!!
Img20070831125822
来そう。
Img2a20070831125822
来るよ。
Img3a20070831125822
来たー!
Img20070901144656
うってぃのキャミソールをエプロン式に着るはるさん。